経営學科紹介【令和3年度以降入學者用】

ビジネスキャリアモデルビジネスマネジメントモデル
企業會計モデル企業會計モデル
観光開発モデル地域観光?マーケティングモデル

理論と実踐との対話からビジネスを學ぶ

組織経営に必要な幅広い知識をベースに高度なマネジメント、マーケティング、會計などの専門的知識や技能を身につけ、経営実踐の場面に活用できる創造的な能力を育てます。

學科 DATA

取得できる學位

學士(経営學)

入學定員

145名

カリキュラムツリー(學びのステップ)

教職課程のカリキュラム

講義要項(シラバス)

こちらから閲覧できます。
※プルダウンメニュー「開講所屬」から學科名を選択してください。
※現在開講している授業科目に関して掲載しています。

取得可能な資格

所定の課程を修了することで取得できる資格です。
  • 高等學校教諭一種免許狀(商業)

取得を支援する資格

関連する科目を履修することで、知識?技能を習得できます。
  • 稅理士
  • 行政書士
  • 日商簿記検定
  • 消費稅能力検定
  • 法人稅能力検定
  • 所得稅能力検定
  • 銀行業務検定
  • 中小企業診斷士
  • 建設業経理士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • リテールマーケティング(販売士)

想定される卒業後のフィールド

入學と同時に就職?進學指導をスタートします。著実にキャリア形成を行い、卸売業、金融業、建設業などさまざまな業種の民間企業へ卒業生を送り出しています。また、経営學は民間企業のみならず官公庁や自治體、さらにNPO?NGO団體などでも必要とされることから、公務員や団體職員への進路も広がります。

學びのポイント

POINT 01
経営をベースにしつつ専門分野の學びを深める
今、地域社會での人口流出や高齢化の進行により、限られたヒト?モノ?カネ?情報といった資源の有効活用が求められています。企業や組織を効率よくかつ効果的に動かすためには、幅広い知識をベースにしながらも、経営に関わるそれぞれの分野の専門的な知識が必要です。本學科では、マネジメント、會計、地域?観光分野の専門的知識を深められるカリキュラムを構築しています。
POINT 02
「理論」と「実踐」の雙方を重視
経営學は実踐的な學問のため、専門的な理論に加え、それらをどのように実踐していくかが重要です。本學科のカリキュラムは「理論」と「実踐」をバランスよく配置しており、4年間で知識と行動力を磨き、社會で活用できる力を身につけることができます。
POINT 03
「學び方を學ぶ」 目標に向けて自ら學び続けられる力を養う
大學の學びは、自らが希望する分野を自らの力で學んでいく必要があります。この學びの力を身につけるため、「學び方を學ぶ」教育を1年次に取り入れています。また、アクティブラーニングや演習をとおして、論理的なものの考え方や発表の仕方などのスキルを學ぶと同時に、「大學生と社會人のギャップ」を知り、主體的に學ぶための姿勢を確立します。

履修モデル紹介

 
ビジネスマネジメントモデル

営利?非営利組織における経営資源(ヒト?モノ?カネ)を首尾よく運用するための方法を理論と実踐から學ぶモデル


ビジネスキャリアモデル
ある特定の部門で活躍する人をスペシャリストというのに対して、不特定多數の部門での仕事を経験しながらキャリアアップをしていく人をゼネラリストといいます。本モデルではこのゼネラリストの育成をめざします。そこで、ヒト?モノ?カネ?情報を有効に活用し、事業を成功へと導くための方策を考えて実行するマネジメントの専門知識と実踐スキルの習得を目標とします。
関連科目
●経営戦略論 ●経営管理論 ●経営組織論 ●組織心理學 ●非営利組織論 ●地域経営論 ●會計學
 
企業會計モデル

企業実績の測定と公開、また納稅など社會的責任を首尾よく果たすための方法を理論と実踐から學ぶモデル


企業會計モデル
會計は、企業経営における利益測定、企業経営狀況の説明責任、納稅額の計算という社會的責任をおっており、その責任は時代の変化とともに重要性を増してきています。會計を學ぶ最大の目的は、社會における會計の重要性を理解するための理論とその実踐力を身につけることです。これこそが、本モデルの特徴です。
関連科目
●経営戦略論 ●経営管理論 ●経営組織論 ●組織心理學 ●會計學 ●原価計算論 ●管理會計論 ●稅法 ●稅務會計論
 
地域観光?マーケティングモデル

地域ブランドの創造や観光など地域活性化を推進するための方法をマネジメントとマーケティングの理論と実踐から學ぶモデル


観光開発モデル
少子高齢化や人口流出が進む地域社會において、その活性化が喫緊の課題となっています。それを解決するためには、経済振興に資する有効な手法を検証していく必要があります。本モデルでは、マネジメントとマーケティングの理論から、地域ブランドの創造、魅力あるまちづくり、観光を活用した地域活性化の方法を実踐的に學びます。
関連科目
●地域経営論 ●観光學 ●観光開発論 ●地域メディア論 ●地域ICT戦略論 ●サービスマーケティング ●消費者行動論
成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院